小児歯科

小児歯科

虫歯ゼロ! で健康な歯になりましょう!
よくある質問ですが、将来永久歯にはえかわるからといって、乳歯が虫歯になっていいわけではありません。

左のレントゲン写真からは、永久歯が出来てきている様子が良くわかります。永久歯は乳歯のすぐ下に位置しているので、乳歯が虫歯になると下手をすると永久歯に感染し、永久歯の発育障害を起こします。乳歯ははえかわるから、虫歯になってもいいと誤解されている方はご注意ください。


子供の虫歯を防ぐ第一歩、それは歯磨きです

大人でも難しい歯磨きですが、小さなお子様では尚の事です。
歯ブラシを嫌がるお子様も大勢いらっしゃいますし、また親御様が仕上げ磨きをお子様にしようとしても、嫌がる場合もあります。
そんな時は、何かで気をひいたり、数を数えて、いつになればこの作業が終わるかをお子様に明示してあげるなど、色々な工夫をしてみてください。


おすすめの磨き方 大人・子供共通 「バス法」

小児歯科

①歯ブラシの硬さは、やわらかめ~普通を用います。
②軽い力で細かく動かします。
③軽い刺激で出血した所はよく磨いてください。
歯磨きの指導は、当院にお越し頂いた際に、詳しくご指導させていただきます。
口腔衛生疾患予防のプロ「歯科衛生士」が、親御様や、お子様に対して正しく歯磨きが出来るよう、アドバイスいたします。


虫歯を激減させる シーラントについて

小児歯科

虫歯は歯ブラシの毛先の届かない場所に出来ます。
歯の形はとても複雑な形をしているので雑なブラッシングでは汚れを完全に落とすのはとても難しく、小さな子供なら尚のことです。
汚れが完全に落とせないのであれば、汚れ自体が溜まらないようにしてしまおうというのが、シーラントです。
シーラントは左写真のように、歯の溝を綺麗に埋めてしまいます。
これによって、子供の虫歯の数が少なくなるというデータも取れてますので、是非お子様に是非されてあげれば良いと思います。


定期検診時の「フッ素塗布」を毎回無料にて行っております

小児歯科

当院ではお子様の定期検診時に毎回無料にてむし歯を防ぐ「フッ素塗布」を無料にて行っております。
毎回、行うので継続してお口の状態を清潔に保つことが可能となります。

更新日:

Copyright© 大阪市 都島区友渕町の歯科 お待たせしません|なかじま歯科   , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.